シリコンのシャンプー

シャンプーの中にはシリコンが含まれている種類のものが存在します。
シリコンというのは一言でいっても様々な種類があり、該当する成分が含まれているものは全てシリコンシャンプーと分類していいでしょう。
シャンプーにおいてシリコンはどういう役割を果たすかというと、髪をコーティングしてくれます。


コーティングされることにより、髪はキューティクルの予防をすることができ髪同士で行われる摩擦も軽減させてくれます。
髪を乾かす時にドライヤーを使うと思いますが、そのドライヤーの熱によるダメージも防いでくれて、髪も整えてくれます。


これだけ見ればメリットずくめではありますが、当然のことながらいいことばかりではありません。
シリコンが入っている場合はコーティングの作用によって毛穴を防いでしまうといわれていますがこれに関しては正式なデメリットとはいえません。


しかし一方でコーティングするからこそしっかり洗わないと洗い落とすことができず、髪に残ったままになるとそれが髪のトラブルになる可能性があります。
コーティングするということは他の薬剤の侵入を防いでしまい、そのせいでパーマ等ができにくくなってしまい、取れやすくなってしまいます。


シリコンを含むことでメリットもデメリットも存在していますが、シャンプーの中にはこのシリコンを含まないノンシリコンシャンプーというものが世に出てきています。
ではノンシリコンは普通のシリコンシャンプーと何が違うのでしょうか。
ノンシリコンを使う場合には使用する時とは別に気をつけたいことがあります。
ではその気をつけることは何でしょうか。